エビネの基本種

春咲きエビネの基本種はジエビネ、黄エビネ、キリシマエビネ、サルメンエビネ、
ニオイエビネ、アマミエビネ、トクノシマエビネと言われています。

春咲きエビネの基本種はジエビネ、黄エビネ、キリシマエビネ、サルメンエビネ、
ニオイエビネ、アマミエビネ、トクノシマエビネと言われています。



  地えびね
 全国の雑木林等に見られた。
 花弁は褐色が多い。
 稀に緑弁がある。
 舌は純白、白地に淡赤紫色。
 距は短い
 開花時期:4~5月上旬

 庭木の下草として、庭植えで、楽しむか。
 鉢植えの場合は、複数株の寄せ植えで楽しむと良い。
 ジエビネの丸弁花はころころして、実に可愛らしい。
 細い青軸のエビネの花が風にそよぐ様が私は好きです。
ジエビネ

  黄えびね
 四国、中国、九州、和歌山県等暖地の海岸に近い山林に自生。
 花弁、舌の色は黄色で大輪。
 甘い香りがあるものもある。
 開花時期:4~5月上旬
 鮮明な黄色は、庭植えでも、鉢植えでも良し。
 周りの雰囲気を明るくする。

 ジエビネとの交配種は タカネ と呼ばれ、
 赤~黄色の派手な花が多い。
黄えびね

   キリシマエビネ
 四国、九州、和歌山県等の山林に自生。
 花弁、舌の色は白色~淡桃色で小輪。
 距は子房より長い。
 含み咲きで、下向きに咲き、スズランの雰囲気あり。
 葉は立葉で照りがある。
 開花時期:4~5月上旬
 栽培は、やや難しい。

 ジエビネとの交雑種は ヒゼン と呼ばれ、
 紫色の優しい感じの花が多く、栽培も容易。
キリシマエビネ

  サルメンエビネ
 東北地方や全国の高山域に自生する。
 花弁の色は黄緑色が多い。
 赤~淡黄舌。距はない。
 舌の形が、猿の顔に似た雰囲気があり、サルメンと呼ばれる。
 夏、涼しく作る必要有り。低地での栽培は難しい。
 開花時期:4~5月上旬

 ジエビネとの交雑種は イシズチ と呼ばれ、
 低地での栽培も容易である。
イシズチ系

  ニオイエビネ
 伊豆諸島の一部のみに自生。香りが有るのが最大の特徴。
 花弁の色は淡紫~濃紫の紫系。稀に白色がある。
 舌は淡紫~白。距は長い。
 大型で、花及び葉は厚く、照りがある。
 花の照りは硝子細工を思わせるような透明感を漂わせ、
 魅惑的な花色の美しさをよりいっそう引き立たせます。 
 香りも、きついものから、軽いものまで濃淡有。
 鼻孔をくすぐりながら、脳神経にすーと溶け込んでいくような
 超美香な香りは陶酔の域を感じます。
 開花時期:4~5月上旬

 ジエビネとの交雑種は コオズ と呼ばれる。
ニオイエビネ